打撃/バッティング.com 打撃/バッティング.comでは、みんなが憧れるホームランの打ち方、華麗なバッティング技術、などの野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法・練習方法を解説・紹介している「バッティング情報ポータルサイト」です。野球のバッティング・守備・走塁技術の向上にご利用ください。
TOTAL:  現在観閲中:: 

ダウンスイングの打ち方・ダウンスイングについて

トップページ > ダウンスイングについて

ダウンスイングとは、文字通り上から下にバットがでるスイングで、スイング時に右肩と左肩を結んだライン(トップの位置)よりも上からスイングを開始します。 少し前にはこのダウンスイングを多くの指導者が教えいました。現在のホームランバッターといえば日本人でもアッパースイングが印象的ですが、昔はダウンスイングを使う選手が多く存在していました。ダウンスイングを推奨され、とにかく「ダウンで振る」ということが正しいとされ、ダウンスイングによる素振りを課せられていたものです。

愛甲猛が教えるバッティング上達指導法
■今注目の野球上達情報をピックアップしました!!
西武黄金時代の強打者コンビが教える「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
プロ野球選手コンディショナーの森部氏が教える、バッティング・パワーアップ・プログラム
萩原流素人のお父さんでもお子さんをチームで一番のバッターにする、バッティング指導法!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス  内野守備コーチ  清家政和 監修】DVD2枚組
走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜
少年・中学野球、草野球、あらゆる軟式野球の戦術必勝法を網羅した「軟式野球の兵法」

ダウンスイングの特徴(メリットとデメリット)

過去にダウンスイングを推奨されてきた理由は、打球にバックスピン掛けることで、飛距離を伸ばせるというものです。これが「ダウン・スイング」のメリットとされていますが、バットを上から下に振り出すことは、平凡なゴロになやすいと共に空振りする可能性がかなり高く、ジャストミートの確率を下げるというデメリットがあります(つまり、打ち損じやすい)。



また、スイング時にトップハンドを内捻する意識が働いてしまい結果スイングを妨げてしまうこともあります。このダウンスイングを未だに推奨する指導者の方もいらっしゃいますが、ヒット性の打球を打つにはあまり効率の良い打法ではないと私は考えます。


ただし、このスイングが適していると判断した場合はダウンスイングでもかまいません。このスイングはゴロを打つのに適しているので、エンドランをする時にはベストです。使い分けて使うのにはいいかもしれませんね。

  このエントリーをはてなブックマークに追加


■最新のバッティング上達情報を大公開!!
1日10分7日間の練習でバッティングが飛躍的に上達します元プロ野球選手が教えてくれるバッティングのコツ。すでに、この方法で少年野球か社会人まで打率が大幅にアップした打者が続々と誕生しています。改善すべき点がわからないまま、ただがむしゃら練習してもバッティングは上達しません。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにバッティング上達方法を伝授します!あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン講座を受講しませんか?メールアドレスのみで誰でも簡単に登録できます!
沢村遼のバッティング上達講座
その他野球上達メルマガ講座

※その他のバッティング情報守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com
沢村遼の野球講座
あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?
沢村遼のバッティング上達講座
沢村遼のメルマガ講座
バッティングの基本
アッパースイングについて
レベルスイングについて
ダウンスイングについて
各種バッティングスタンス
姿勢特徴の長所・短所
スタンス特徴の長所・短所
左バッターについて
スイッチヒッターについて
注目の上達法!
Copyrightc2009 野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system