打撃/バッティング.com 打撃/バッティング.comでは、みんなが憧れるホームランの打ち方、華麗なバッティング技術、などの野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法・練習方法を解説・紹介している「バッティング情報ポータルサイト」です。野球のバッティング・守備・走塁技術の向上にご利用ください。
TOTAL:  現在観閲中:: 

バットの握り方(グリップ)について

トップページ > バットの握り方について

バットの構えだけでなく、スタンスやバットの振り方もスイング全体に影響する重要な要素です。バットの握り方が悪いとスイングも悪くなるのでリラックスすることを忘れないようにしましょう。構えからインパクトにかけて肩や腕に力が入りすぎず、しかもインパクトでしっかり力が入るようなしっくりくる握り方をしよう。

愛甲猛が教えるバッティング上達指導法
■今注目の野球上達情報をピックアップしました!!
西武黄金時代の強打者コンビが教える「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
プロ野球選手コンディショナーの森部氏が教える、バッティング・パワーアップ・プログラム
萩原流素人のお父さんでもお子さんをチームで一番のバッターにする、バッティング指導法!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス  内野守備コーチ  清家政和 監修】DVD2枚組
走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜
少年・中学野球、草野球、あらゆる軟式野球の戦術必勝法を網羅した「軟式野球の兵法」

■グリップの握り方

右打ちの選手の場合は右手の指の第二関節が左手の指の第二関節と指の付け根の間にくるように握ります。これが最もオーソドックスな握り方で、両手の甲は平行になるのが正しい握り方です。両手の第二関節がそろうように握ると、両腕が極端に閉じてしまうし、両腕が開きすぎたり、左手の指の付け根の関節と右手の第二関節がそろうと結果両腕が開いてしまいバランスがぶれてしまいます。



■パームグリップとフィンガーグリップ

バットの握りには大きく分けると2種類あり、まず代表的なのがパームグリップです。手のひらでバットを包み込むことで強く握りやすいがバットをコントロールしにくいという特徴がある。次に、フィンガーグリップで、指の腹でバットを握り強く握れないがバットコントロールがしやすいという特徴がある。左手でパームで握り、右手でフィンガーで握れば強さとコントロール性能の両方を備えることができる。


■バットを握る位置

バットは素振りしてみて、一番すばやく振りぬける場所が最も適した位置です。もしも今握っている位置がすばやく振れずにバットが長く感じられたら一握り分くらい開けて握り、逆に短かったり、軽く感じた時にはグリップエンドをより握ると安定する。ですが逆に手と手の間を開けて握ると不安定になってします。

  このエントリーをはてなブックマークに追加


■最新のバッティング上達情報を大公開!!
1日10分7日間の練習でバッティングが飛躍的に上達します元プロ野球選手が教えてくれるバッティングのコツ。すでに、この方法で少年野球か社会人まで打率が大幅にアップした打者が続々と誕生しています。改善すべき点がわからないまま、ただがむしゃら練習してもバッティングは上達しません。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにバッティング上達方法を伝授します!あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン講座を受講しませんか?メールアドレスのみで誰でも簡単に登録できます!
沢村遼のバッティング上達講座
その他野球上達メルマガ講座

※その他のバッティング情報守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com
沢村遼の野球講座
あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?
沢村遼のバッティング上達講座
沢村遼のメルマガ講座
バッティングの基本
バットの構えについて
バットの握り方(グリップ)
ステップ&テイクバック
トップからフォワードスイング
インパクトからフォールスルー
バットの選び方
金属バットと木製バット
バットの種類とその特徴

力みの注意と対策
バットをリラックスして構える
注目の上達法!
Copyrightc2009 野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system