打撃/バッティング.com 打撃/バッティング.comでは、みんなが憧れるホームランの打ち方、華麗なバッティング技術、などの野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法・練習方法を解説・紹介している「バッティング情報ポータルサイト」です。野球のバッティング・守備・走塁技術の向上にご利用ください。
TOTAL:  現在観閲中:: 

肘の使い方と手首の使い方

トップページ > 肘の使い方と手首の使い方

バッティングで大事なことは、どれだけ強い力をボールに与えることが出来るかにかかっています。
強い衝撃であればあるほど、打ったボールの飛距離が伸び、ホームランという結果になります。
強いパワーでボールを打ち返すためには、インパクトの時、手首とひじの角度にポイントがあります。

愛甲猛が教えるバッティング上達指導法
■今注目の野球上達情報をピックアップしました!!
西武黄金時代の強打者コンビが教える「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
プロ野球選手コンディショナーの森部氏が教える、バッティング・パワーアップ・プログラム
萩原流素人のお父さんでもお子さんをチームで一番のバッターにする、バッティング指導法!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス  内野守備コーチ  清家政和 監修】DVD2枚組
走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜
少年・中学野球、草野球、あらゆる軟式野球の戦術必勝法を網羅した「軟式野球の兵法」

右バッターの場合ならボールを打つ瞬間、バットを押す右手の掌がうえに向いているか意識します。掌が水平になっているとベストです。同時にバットを引く左手がその右手の掌に上からかぶさっている状態であるか確認します。この時、右ひじの角度が90度になっているかを意識してください。この角度を90度にすることによって自然と右脇が締まり、余分な力を使ったスイングをすることなく、ボールに強いインパクトを与えることが出来ます。


体重は左右均等にかかっているかどうかを確認します。どちらか一方に体重がかかっていると腰のひねりが上手く出来ず、スイングに力が入りません。上半身と下半身が上手く連動し、体重移動をスムーズに行うようにします。


ポイントは右脇を締めることを意識せず、角度を意識することです。ひじが固い状態では上手くいかないので動きに対応できるよう、ひじをリラックスさせておくことも大切。また左手でバットを引っ張ってしまうとこの角度が崩れるので、押し手と引き手のバランスを意識しましょう。是非、手首とひじの使い方をマスターしてホームランボールを飛ばしましょう。


ちなみに結果がなかなか出なかったサブロー選手が、今年開花した要因となったバッティング理論とは、左肘をたたんだ状態でスイングし打つ事でした。サブロー選手曰く、大きな打球を飛ばす事が出来る打者を見ていると左肘をたたんだ状態でバットを振っているのに気づいたそうです。その後、ソフトバンクの城島選手も「とにかく小さく振ろうとすればするほど打球が飛んでいく」と言っていました。こうすることでボールがバットに当たってからのフォローが通常のスイングよりもし易く、大きく出来るのです。



■習得するための素振り方法

壁際50cm位の位置に立って、壁にバットが当たらないようにスイングします。スイングと言うよりもバットを壁に当たらないように抜いてくる様なイメージです。最初は思い切ったスイングは出来ません。段々その形が出来てくると少し早くスイングが出来る様になって来ます。スイングが早くなってきたなと感じたら、気づいて欲しいのがフォローが大きいスイングが出来ているという事。そして、50cmが出来てくれば40cmという様に体と壁の距離を縮めます。この時に気をつけたいのは決して肘を上げてスイングしないと言う事。そして体開いてスイングしないと言う事です。肘をたたんでスイングさせましょう。また壁と体の距離も限度があるのでご注意を。25〜30cm位が妥当な距離だと考えます。

  このエントリーをはてなブックマークに追加


■最新のバッティング上達情報を大公開!!
1日10分7日間の練習でバッティングが飛躍的に上達します元プロ野球選手が教えてくれるバッティングのコツ。すでに、この方法で少年野球か社会人まで打率が大幅にアップした打者が続々と誕生しています。改善すべき点がわからないまま、ただがむしゃら練習してもバッティングは上達しません。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにバッティング上達方法を伝授します!あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン講座を受講しませんか?メールアドレスのみで誰でも簡単に登録できます!
沢村遼のバッティング上達講座
その他野球上達メルマガ講座

※その他のバッティング情報守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com
沢村遼の野球講座
あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?
沢村遼のバッティング上達講座
沢村遼のメルマガ講座
バッティング技術
良い打ち方と悪い打ち方
腰の回転と下半身の使い方
飛距離を伸ばすには
流し打ちの仕方とコツ
カットのコツ
フォールスルーの工夫
壁の必要性と身体の軸
肘と手首の使い方
ミートポイントについて
強い・速いスイングをする
ヒットエンドランとそのコツ
フライとゴロの打ち分け方
フルスイングで芯に当てる
バットを長く持つか短く持つか
硬式野球と軟式野球の技術
人気の野球上達法!
注目情報!
Copyrightc2009 野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system