打撃/バッティング.com 打撃/バッティング.comでは、みんなが憧れるホームランの打ち方、華麗なバッティング技術、などの野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法・練習方法を解説・紹介している「バッティング情報ポータルサイト」です。野球のバッティング・守備・走塁技術の向上にご利用ください。
TOTAL:  現在観閲中:: 

フォームの壁の必要性と身体の軸について

トップページ > フォームの壁の必要性と身体の軸について

よくピッチングでもバッティングでも指導で、「壁」という言葉が出てくることがあります。
壁とはステップのときや体幹での回転運動の際に、体の開きを抑えるために前側の肩の後ろに壁があるように
意識して開きを抑えるものです。

愛甲猛が教えるバッティング上達指導法
■今注目の野球上達情報をピックアップしました!!
西武黄金時代の強打者コンビが教える「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
プロ野球選手コンディショナーの森部氏が教える、バッティング・パワーアップ・プログラム
萩原流素人のお父さんでもお子さんをチームで一番のバッターにする、バッティング指導法!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス  内野守備コーチ  清家政和 監修】DVD2枚組
走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜
少年・中学野球、草野球、あらゆる軟式野球の戦術必勝法を網羅した「軟式野球の兵法」

よくピッチングでもバッティングでも指導で、「壁」という言葉が出てくることがあります。壁とはステップのときや体幹での回転運動の際に、体の開きを抑えるために前側の肩の後ろに壁があるように意識して開きを抑えるものです。別のページでも何回か触れていることですが、バッティングにおける身体の軸はとても重要な要素です。身体の回転の軸が回転運動を通して一定であればあるほど、運動の速度も速くすることができるため、スイングスピードは上昇します。


回転の軸が一定でないとその移動分にエネルギーを取られるなどの理由で、スイングスピードが遅くなってしまうのです。また、バッティングにおける動作で身体の軸が投手側に動くと、スイングスピードが減ることに加えて打点が前に来てしまうため、打球がつまることが多くなってしまいます。これらのことから、ステップやスイングの動作中で身体の軸が一定であることは好打者であることの一つの条件になると言えます。


身体の軸自体はほぼ一定の位置を維持しながらステップやスイングの動作を行うことが重要です。強打が打てないと悩んでいる方は、身体の軸が不安定になっていないかチェックしてみるといいかもしれません。右打者は左足をステップした後、左足を捻りながら右ひざを回転させると左腕と共にバットが前に出てくる。そこで上体がつっこまないように壁を作りながら右腰をミートポイントにぶつけるつもりで回転させるのがポイント。

  このエントリーをはてなブックマークに追加


■最新のバッティング上達情報を大公開!!
1日10分7日間の練習でバッティングが飛躍的に上達します元プロ野球選手が教えてくれるバッティングのコツ。すでに、この方法で少年野球か社会人まで打率が大幅にアップした打者が続々と誕生しています。改善すべき点がわからないまま、ただがむしゃら練習してもバッティングは上達しません。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにバッティング上達方法を伝授します!あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン講座を受講しませんか?メールアドレスのみで誰でも簡単に登録できます!
沢村遼のバッティング上達講座
その他野球上達メルマガ講座

※その他のバッティング情報守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com
沢村遼の野球講座
あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?
沢村遼のバッティング上達講座
沢村遼のメルマガ講座
バッティング技術
良い打ち方と悪い打ち方
腰の回転と下半身の使い方
飛距離を伸ばすには
流し打ちの仕方とコツ
カットのコツ
フォールスルーの工夫
壁の必要性と身体の軸
肘と手首の使い方
ミートポイントについて
強い・速いスイングをする
ヒットエンドランとそのコツ
フライとゴロの打ち分け方
フルスイングで芯に当てる
バットを長く持つか短く持つか
硬式野球と軟式野球の技術
注目の上達法!
Copyrightc2009 野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system