知っておくべき野球ルールについて。野球のバッティング走塁守備のことなら打撃/バッティング.com
打撃/バッティング.com 打撃/バッティング.comでは、みんなが憧れるホームランの打ち方、華麗なバッティング技術、走塁守備技術などの
野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法・練習方法を解説・紹介している「総合野手情報ポータルサイト」です。
 TOTALCOUNT:
 【サイトマップ】  【お問い合わせ】 
トップページ > 知っておくべき野球ルール    【PR】
その他野球の知識
知っておくべき野球ルール
様々なケースのファールとフェア
野球用語解説

知っておくべき野球ルール

ここではこれだけは知っておくべき野球ルールを解説します。

【今人気の野球上達法!!】
萩原流 ジャストミートセオリー 〜チームで一番のバッターにする方法〜
少年野球 バッティング あの愛甲猛が教える少年野球のバッティングを上達させる指導法
西武黄金期を支えた二人が送る、「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
【少年野球〜社会人野球】 ジョニー黒木の魂のエース育成プログラム
走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜

■走塁妨害
野手がボールを持っていないとき、またはボールをキャッチする行為をしていない時にランナーの走塁を邪魔すると
走塁妨害となる。ランナーの進塁が許される。
<例>ランナーが一塁にいるときに、ヒットが出て二塁を回ろうとしたときにボールを持っていないセカンドが
ランナーと衝突。この場合走塁妨害となる。

■守備妨害
ランナーが野手の送球を「故意に」妨害したり、打球処理の邪魔をした場合「守備妨害」としてアウトになる。
<例>バットが抜けて野手に当たりそうになった。バッターがゴロを蹴り飛ばした(自打球ではない場合)。
二塁ランナーがショートゴロを蹴った。キャッチャーゴロを打ってしまい、ラインの内側を走った。

■打撃妨害
主にキャッチャーの反則行為。バッターがボックス内にスイングとしてキャッチャーミットに当たり、
バッティングを妨害された場合「打撃妨害」として一塁が与えられる。
また、二塁送球の時にあせって速めにホームプレート上に出てもみなされる場合がある。

■インフィールドフライと故意落球
ノーアウトもしくはワンアウトで1・2塁、満塁のケースでバッターが平凡な内野フライを打ち上げた。
その場合内野手が簡単にキャッチできると審判が判断したら「インフィールドフライ」を宣告、
バッターはアウトになる。(落球してもアウト)

■打球にグラブを投げてはいけない

基本的にグラブを投げて当てると3つの塁が与えられる。なおホームラン性の打球に当てた場合ホームランとなる。

■同じ塁にランナーが2人立ってはならない
この場合先に塁についた走者意外はアウトになる。追い越しもアウトとなる。

 

※その他のバッティング情報守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com
Copyrightc2009 野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system