打撃/バッティング.com 打撃/バッティング.comでは、みんなが憧れるホームランの打ち方、華麗なバッティング技術、などの野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法・練習方法を解説・紹介している「バッティング情報ポータルサイト」です。野球のバッティング・守備・走塁技術の向上にご利用ください。
TOTAL:  現在観閲中:: 

素振りの重要性と効果について

トップページ > 素振りの重要性について

素振りはバッティング練習の中でも一番簡単にできる練習方法で、どこでもできる練習なので野球をしているなら誰しもが素振りをするのが基本ですね。

愛甲猛が教えるバッティング上達指導法
■今注目の野球上達情報をピックアップしました!!
西武黄金時代の強打者コンビが教える「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
プロ野球選手コンディショナーの森部氏が教える、バッティング・パワーアップ・プログラム
萩原流素人のお父さんでもお子さんをチームで一番のバッターにする、バッティング指導法!
元ソフトバンクホークス一軍走塁コーチ島田誠式少年野球走塁盗塁テクニック
元千葉ロッテエースジョニー黒木の"短期間で球速15kmをあげる"魂のエース育成プログラム
少年・中学野球、草野球、あらゆる軟式野球の戦術必勝法を網羅した「軟式野球の兵法」

素振りの効果はいろいろあると思いますが、代表的な利点としてはバッティングフォームを作れること、バットのスイングに必要な筋肉を鍛えることができる、などでしょう。素振りなどの反復練習によって自分の理想のフォームを身体に覚え込ませるのです。

また、スイングスピードを上げたい、打球を強くしたい、飛距離を大きくしたいなどバットのスイングに必要な筋肉を鍛えるときも、素振りは有効です。単にウェイトトレーニングをしても、実際に使用する筋肉を鍛えることは難しいときがあります。 素振りであればバッティングのスイングに直結する行為ですから、素振りを行うことで必要な筋肉のトレーニングにもなります。


気をつけておきたいのは、鏡を使ったりしてフォームをチェックしたり、ピッチャーの投球を意識したりしながら行い、正しいフォームで素振りすること。悪いバッティングフォームで固定されて逆効果になってしまうことさえあります。


ただ素振りするのではもったいないのできちんろ投手をイメージ・想定して素振りしましょう。
野球が上手い人ほど沢山素振りをしているといっても過言ではありません。
イメージトレーニングについて


※サイトへ良い素振り練習方法の提供がありました。提供者:りょうさん
インコース高めを50回素振りしてそのあとには、インコース、インコース低め、真ん中高め、真ん中、真ん中低め、
アウトコース高め、アウトコース、アウトコース低めをやります。
特に自分が苦手なコースは多めに振ってください。

  このエントリーをはてなブックマークに追加


■最新のバッティング上達情報を大公開!!
1日10分7日間の練習でバッティングが飛躍的に上達します元プロ野球選手が教えてくれるバッティングのコツ。すでに、この方法で少年野球か社会人まで打率が大幅にアップした打者が続々と誕生しています。改善すべき点がわからないまま、ただがむしゃら練習してもバッティングは上達しません。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにバッティング上達方法を伝授します!あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン講座を受講しませんか?メールアドレスのみで誰でも簡単に登録できます!
沢村遼のバッティング上達講座
その他野球上達メルマガ講座

※その他のバッティング情報守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com
沢村遼の野球講座
あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?
沢村遼のバッティング上達講座
沢村遼のメルマガ講座
バッティングコラム
バッティングの様々な練習
歩き素振り
インパクトの感覚を覚える
竹バット練習方法
木製バットで練習
素振りの重要性
片手素振りの効果
フリーバッティングの工夫
ドアスイングの直し方
マスコット(トレーニング)バット
イメージトレーニングをしよう

手打ちを直し方/練習方法
トスバッティングとペッパー
バッティングセンターでの練習
肘の使い方を変える

注目の上達法!
color="#ffffff" face="HGP創英角ポップ体" size="+0">注目情報!
Copyrightc2009 野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system