打撃/バッティング.com 打撃/バッティング.comでは、みんなが憧れるホームランの打ち方、華麗なバッティング技術、などの野手・打者(バッター)に関する技術の基本と上達方法・練習方法を解説・紹介している「バッティング情報ポータルサイト」です。野球のバッティング・守備・走塁技術の向上にご利用ください。
TOTAL:  現在観閲中:: 

ツイスト打法について解説

トップページ > ツイスト打法

ツイスト打法の理論は引き戸を開ける時、腕を動かす方向とは逆に下半身が回転することから、このようにツイストさせる方が力が引き出せるというもの。「投手寄りの足をスイング方向と逆方向に絞り、それをきっかけに右半身を回して全身(上体ではない)の強い回転を起こす打法です。

愛甲猛が教えるバッティング上達指導法
■今注目の野球上達情報をピックアップしました!!
西武黄金時代の強打者コンビが教える「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
プロ野球選手コンディショナーの森部氏が教える、バッティング・パワーアップ・プログラム
萩原流素人のお父さんでもお子さんをチームで一番のバッターにする、バッティング指導法!
内野守備・上達革命【元・西武ライオンズ・楽天イーグルス  内野守備コーチ  清家政和 監修】DVD2枚組
走塁革命 屋鋪要の実践走塁術 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜
少年・中学野球、草野球、あらゆる軟式野球の戦術必勝法を網羅した「軟式野球の兵法」

普通のバッティングは腰を回転させ、上半身を回転させ、最後に腕が出てくるが、コレだと体が開く。
踏み込んだ足を踏ん張って、腰を回転させないようにして、腕が先に出るようにすると、
バットのヘッドが速く走るようになり、インパクトのポイントも体の正面になり良いとされる。


一説ではバリー・ボンズ、小笠原、城島、阿部慎之介もツイスト打法とされ、一番の理想形(完成形)はイチローのバッティングと言われる。股関節を緩めた状態からは強い力と俊敏な動きはできない。たとえばバックスイングで腰を大きく回すと、右股関節が緩んだままですが、この状態からダウンスイングに入ると、右半身が開きながら前に突っ込んで、懐が狭くなってしまいます。「懐が狭い」ということは、腕やバットを加速させるスペースがないわけですから、インパクトでスピードが出ないのです。


また、体が開いてしまった状態から、懐を作って、なおかつバットをオンプレーンに戻すには、複雑な体の動きや手の操作が必要になり、これでは高速で向かってくるボールに対応できません。だったら最初から右股関節を締めておき、パワーポジションを作っておいてからスイングをスタートしようというのが、ファイターズの取り組みで、これはプロゴルファーのスイングとほぼ同じ体の使い方です。

ですがこの打法イマイチ信憑性が薄いようです・・・。

  このエントリーをはてなブックマークに追加


■最新のバッティング上達情報を大公開!!
1日10分7日間の練習でバッティングが飛躍的に上達します元プロ野球選手が教えてくれるバッティングのコツ。すでに、この方法で少年野球か社会人まで打率が大幅にアップした打者が続々と誕生しています。改善すべき点がわからないまま、ただがむしゃら練習してもバッティングは上達しません。
「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト
野球・ソフトボールに長年携わってきた沢村遼が、あなたのためにバッティング上達方法を伝授します!あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン講座を受講しませんか?メールアドレスのみで誰でも簡単に登録できます!
沢村遼のバッティング上達講座
その他野球上達メルマガ講座

※その他のバッティング情報守備・走塁に関する情報はトップページもしくはメニューからどうぞ。
野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com
沢村遼の野球講座
あなたも沢村遼の【無料】野球上達メールマガジン&メルマガ講座を受講しませんか?
沢村遼のバッティング上達講座
沢村遼のメルマガ講座
バッティングフォーム
神主打法 
一本足打法
振り子打法
すり足打法
うねり打法
特殊打法
広角打法
シンクロ打法
ツイスト打法
ノーステップ打法
人気の野球上達法!
注目情報!
Copyrightc2009 野球のバッティング,走塁,守備のことなら 打撃/バッティング.com All rights reserved.【掲載の記事・写真などの無断複写・転載等を禁じます。
inserted by FC2 system